NEWSLETTER 2018年3月号

2018年3月26日

ニュースレター第101号 2018年3月15日発行


 みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「MEMORO「記憶の銀行」月島プロジェクト」Ⅱ

先月号のニューズレターでお知らせした、中央区「月島プロジェクト」がスタートしています。本年度新理事に就任した地域コミュニティ紙「天空新聞」編集長の佐久間が「アイマークタワーの会」に出席しました。月島に平成15年頃に建設された32階建マンションに住む20人の方が集まりました。下町観光地として有名な「もんじゃストリート」の入口に位置して、昔は小さな商店や長屋が密集していた街が再開発でこのマンションが建設され、新入居した方と以前からここにお住まいだった方が入居されています。

再開発前の昔の街並みを、昭和28年の商工地図、中央区地域資料館の画像、メモロで取材した「月島プロジェクト 佐藤光子さん・藤倉和男さん」の映像を公開しました。80代の女性4人への質問コーナーも具体的に映像を見ることで思い出が呼び起こされたのか、大変貴重なお話を聞くことができました。

■「高齢社会白書」からわかる日本の高齢化の状況

 MEMOROでは、60歳以上の方の記憶を動画に残す活動をしていますが、日本では「65歳以上」の方を高齢者と呼んでいます。内閣府から「高齢社会白書」を出していることはご存知でしょうか。平成9(1997)年から出ています。最新の平成29年版の白書によると、平成28(2016)年10月1日現在、

・65歳以上の高齢者人口は3,459万人。

・総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は27.3%。

・3.6人に一人は高齢者ということになります。

・50年後は2.6人に一人が高齢者と予測しています。

このように、高齢社会化が進む現在、より多くの方々の記憶をMEMORO「記憶の銀行」に預けていただきたいものです。

詳しくは、「高齢社会白書」をご覧ください。


■今月のおすすめ動画

今月も月島の動画をご紹介します。月島といえば「もんじゃ」。昔の村崎陶器店の品揃えや売れ筋、開店・閉店準備の大変さ、もんじゃ業への転進のきっかけなどについてうかがいました。

「働き者の女将さん 村崎陶器店から もんじゃ むらさきへ」
語り手:村崎妙子様(1942(昭和17)年生まれ)

 


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

NEWSLETTER 2018年2月号

2018年2月27日

ニュースレター第100号 2018年2月15日発行


 みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。本号で100通目となるニュースレターをお届けいたします。MEMORO「記憶の銀行」は、2010年3月に日本語版ウェブサイトをオープン、2011年2月以降は、内閣府認証特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」として日本サイトの運営にあたっています。私たちMEMORO「記憶の銀行」を応援してくださるみなさまに、毎月お送りしてきたニュースレターもみなさまに支えられて100号目を迎えることができました。これからもMEMORO「記憶の銀行」のご支援ください。みなさまのご参加をいつでもお待ちしております。(スタッフ一同)

(ご支援の方法はこちらから、MEMORO「記憶の銀行」


■【活動報告】「MEMORO「記憶の銀行」月島プロジェクト」キックオフ会レポート、NHK「首都圏ネットワーク」放映

 1月27日(土)18時から、佃区民館にて「MEMORO「記憶の銀行」月島プロジェクト~月島 街の記憶を残すプロジェクト~」のキックオフ会が、約20名の参加で開催されました。

月島プロジェクトの特長は、「月島に住んでいる(いた)方の記憶と街並みを動画で残していく」ということです。月島の街並み、風景も併せて聞き取り、記録にしていきます。現在月島では、大規模な再開発工事が進んでいて、再開発の計画もあります。そこで、シニアの方の昔の月島の記憶と同時に、街の記憶も残していきたいという、地域情報誌「天空新聞(http://tenku21.com/)」制作委員会の佐久間保人さんの強い想いから始まりました。これまでに、月島プロジェクトとして約20本が公開されています。現在、取材・編集作業は進行中で、続々と「月島の記憶」が公開されていく予定です。

月島プロジェクト http://www.memoro.org/jp-jp/percorso_utente_dett.php?ID=274

 この模様は、NHKからの取材も受け、2月8日に、夕方のNHK総合ニュース情報番組「首都圏ネットワーク」で放映されました。下記のYouTube限定アドレスから番組の様子を見ることができます。

首都圏ネットワーク20180208

 人生の先輩方の記憶を探し、記憶を集め、公開して未来に伝えるメモリーシーカーにチャレンジしてみませんか? 動画:誰でもなれるメモリーシーカー

■【メディア掲載】雑誌「クロワッサン No.967」(マガジンハウス)紹介記事掲載

 2月10日発売(2月25日号)の雑誌「クロワッサン 特集:40代からの、ストレッチ教室」(マガジンハウス)にMEMOROの活動が紹介されました。「女の新聞」というコーナーの介護がテーマのシリーズで、高齢者の記憶を集めているMEMORO「記憶の銀行」が注目されたようです。

メディア取材が多くなってきたMEMOROですが、これからも地道に活動を続けてまいります。


■今月のおすすめ動画

 今月は、「首都圏ニュース」でも紹介された月島プロジェクトから、佐藤光子さんが子どもの頃に住んでいた月島の長屋住宅の思い出動画をご紹介します。

「勝どきは月島だった!? 2号地って?
語り手:佐藤 光子様(1942 (昭和17 )生まれ)

 


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年1月号

2018年1月16日

ニュースレター第99号 2018年1月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

■【新年のご挨拶】

MEMORO 代表の長島です。みなさん、新しい年をどのようにお過ごしですか?
今年、MEMOROは月島プロジェクトをはじめ、子供たちにもMEMOROを体験してもらう試みを予定しています。
 2020年の東京オリンピックに向けて、東京は再開発で賑わっています。しかしその反面、街の記憶も消えていこうとしています。MEMOROは昔の街の記憶を未来につなげていきます。そして、子供たちがおじいちゃん、おばあちゃんの話を取材する企画も考えています。記憶を未来につなげるMEMORO「記憶の銀行」を、今年もよろしくお願いいたします。


■【MEMORO各国の紹介④】MEMOROベネズエラ(2010年発足)


今月は南米ベネズエラの活動をディレクターのリチャードさん(Ricardo Pozzobon)より紹介します。

◎MEMOROベネズエラ http://www.memoro.org/ve-es/index.php

1)MEMOROに参加したきっかけは?
 MEMORO のことは同僚のイザベラ(Ysabel Briceno)から聞きました。当時所属していたロス・アンデス(Los Andes)大学には、著名な研究者たちの生涯と業績についてのたくさんの視聴覚資料があったので、これらをMEMOROのWebサイトで公開したらどうだろうと彼女から相談を受け、MEMOROの活動に参加することにしました。

2)あなたの国のおススメ動画は何ですか?
「リサイクルハウス」
http://www.memoro.org/ve-es/video.php?ID=6930
物理学者のRaul Esteve博士によるリサイクル素材で造った家についてのインタビューがおススメです。建築の工程についても興味深いですが、わたくし自身何度も足を運んだ家なので、気に入っています。

3)MEMORO活動での楽しみはなんですか?
イタリアMEMOROのスタッフとのコミュニケーションがとても楽しいです。最初にWebサイトを立ち上げた時のコラボレーションはとても素晴らしかったです。


■1/27(土)「月島プロジェクト上映会」のお知らせ

 これまでに撮りためた、月島プロジェクト映像を上映します。併せて、「月島 街の記憶を残すプロジェクト」の活動説明、意見交換も行います。
2018年1月27日(土)18:00~ @佃公民館(中央区佃二丁目17番8号)
地図:http://mappage.jp/cml/SMAP.php?X=139.7879312578&Y=35.6617154837&L=12#S04

参加希望者は、下記まで、ご連絡ください。
天空新聞制作委員会 佐久間保人 TEL:070-5079-8815 E-mail:info@tenku21.com


■今月のおすすめ動画

今月は、上映会を行う月島プロジェクトから、「月島西仲通り商店街の歩み」の動画をご紹介します。

「月島西仲通り商店街の歩み」
語り手:藤倉和男様(1928(昭和3)年1月25日生まれ)

 


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年12月号

2017年12月18日

ニュースレター第98号 2017年12月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

■【MEMORO各国の紹介③】韓国(2015年発足)


 MEMORO「記憶の銀行」の特徴の一つは、国際組織として、イタリアを中心に同じ想いを持つメンバーが、各国で活動しているということです。2007年にイタリアのトリノで誕生し、今年で10年になります。今月は韓国の活動を金恒坤さん(Hanggon Kim)より紹介します。

◎MEMORO韓国 http://www.memoro.org/kr-kr/

1)MEMOROに参加したきっかけは?
最近 、韓国で年金や雇用などをめぐって世代間の対立が問題になってきて、その解決の方法として参加しました。

2)あなたの国のおススメ動画は何ですか?
光州事件を扱った「Taxi Driver」に感動を受けました。知らされなかった事実が明らかになる中で、韓国の現代史を考え直すきっかけとなりました。

3)MEMORO活動での楽しみはなんですか?
韓国のMEMOROでは、中学や高校の生徒と先生たちが一緒にOral History(口述歴史)を作ることが、楽しくて意味があると思います。


■【活動報告】11月19日(日)、韓国MBNテレビの取材を受けました


 当日は、代表の長島さんと理事の大井さんの2名が、韓国MBNテレビの取材を受けました。取材では現在進行中の「MEMORO月島プロジェクト」の佐久間さんとのミーティング風景の撮影もありました。子育てを行いつつ、NPO活動をしている大井さんは、当日もお子さんを抱っこして、MEMOROの打合せに参加しました。

 MEMORO日本への各種メディアからのインタビューが最近多くなっていますが、代表の長島さんの本業が「映像ディレクター」であることがわかると、「MEMOROの取材と映像ディレクターとしての取材はどう違うのか」と良く聞かれるそうです。長島さんは次のように答えています。
 「MEMOROの取材は、ドキュメンタリーの記録を取るインタビューと違い、人生の先輩方の記憶を通じてその方が経験したことを共有出来る感覚を持てます」
 取材が増えてきたことにより、MEMORO日本をさらに多くの方々に認識していただき、メモリーシーカーに挑戦する方が増えることを願っています。(報告者:相原)

 人生の先輩方の記憶を探し、記憶を集め、公開して未来に伝えるメモリーシーカーにチャレンジしてみませんか? 
動画:誰でもなれるメモリーシーカー


■今月のおすすめ動画

 今月は、月島プロジェクトから、「月島(3):最近の街 個人商店の街からもんじゃの街へ」吉田恵子様の動画をご紹介します。是非、シリーズでお楽しみください!

月島プロジェクト 「月島(3):最近の街 個人商店の街からもんじゃの街へ」
語り手:吉田恵子様(1954(昭和29)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年11月号

2017年11月16日

ニュースレター第97号 2017年11月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【MEMORO各国の紹介②】ドイツ(2008年発足)

 MEMORO「記憶の銀行」の特徴の一つは、国際組織として、イタリアを中心に同じ想いを持つメンバーが、各国で活動しているということです。2007年にイタリアのトリノで誕生し、今年で10年になります。今月はドイツの活動をディレクターのニコさん(Nikolai C.C. Schulz)より紹介します。
MEMOROドイツ http://www.memoro.org/de-de/index.php

1)MEMOROに参加したきっかけは?
 私の両親の死をきっかけに、20年勤めていたコンピュータ販売の仕事をやめ、インド、タイ、ベトナムに一年間旅をしました。ヨガや瞑想、中年期の自信喪失や自分の新しい生き方について模索していました。ドイツのミュンヘンに戻った後、私は高齢者にコンピュータを教える仕事を始めました。
 その時に、イタリアの「MEMORO 記憶の銀行」プロジェクトを、オンライン新聞で偶然見つけて、
連絡をしたところ、彼らは私に「MEMOROドイツ」を開設するように言いました。
 そして、私の長い旅が始まったのです……。

2)あなたの国のおススメ動画は何ですか?

ブッパタール(私の姉妹の街)を砲撃するはどうしてですか?

ドイツ産業の中心地である “Ruhrgebiet”(ルール地方)が英国の爆撃を受けたため、防空壕で小さな男の子のように普段着で眠っていました。祖母が戦争を終えたとき、パジャマで眠ることができると言いましたが、戦争が本当に終わったことが信じられず、パジャマの下に普段着を着て2週間過ごしました。私はパジャマで寝ることが、どれほど幸せであるという事を実感しました。

有名な絵本デザイナーによる、「最後で、最初のキス」という動画もおススメです。

3)MEMORO活動での楽しみはなんですか?
人生の先輩からの生きざまを学ぶこと。私はインタビューの最後に、4つの質問をします。
1)あなたの人生で後悔していることはありますか?
2)あなたはまだ目標を持っていますか?
3)若い世代への提案はありますか?
4)あなたは何に感謝していますか?

すばらしい語り手に出会い、世界中のMEMOROの仲間と活動できること。
動画、インターネット、コンピュータで作業できること。
メディアやさまざまな機関によって、世の中の人たちに認めてもらうこと。


■今月のおすすめ動画

■今月のおすすめ動画 
 今月は、毎日新聞東京版に掲載された「MEMORO記憶の銀行」の記事から、「神楽坂を走っていた都電」峰岸和枝さんの動画をご紹介します。是非、シリーズでお楽しみください!

神楽坂シリーズ「神楽坂を走っていた都電」
語り手:峰岸和枝様(1932(昭和7)年2月6日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年10月号

2017年10月17日

ニュースレター第96号 2017年10月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

新連載!【MEMORO各国の紹介①】

MEMORO「記憶の銀行」の特徴の一つは、国際組織として、イタリアを中心に同じ想いを持つメンバーが、各国で活動しているということです。2007年にイタリアのトリノで誕生し、今年で10年になります。10周年を記念し、各国の状況についてレポートします。

第1回目は、現在どのような国が参加しているのかを紹介します。2017年現在、次の16カ国が参加しています。

■アジア(2カ国)日本、韓国

■ヨーロッパ(8カ国)イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、ポーランド、キプロス、ギリシャ、ベルギー

■北アメリカ(2カ国)アメリカ合衆国、カナダ

■中南米(3カ国)ベネズエラ、プエルトリコ、アルゼンチン

■アフリカ(1カ国)カメルーン

次回以降、MEMORO各国の状況やメモリーシーカーたちがどのような想いで活動を始め、続けているのかなどをレポートします。どうぞ、お楽しみに!


【メディア紹介】9/18付、毎日新聞東京版

9月18日(月・祝)、毎日新聞東京版で「MEMORO記憶の銀行」が紹介されました。

「広がる「記憶の銀行」 60歳以上の人々記録 秘話や教訓、ネットで共有」という見出しで、大きく取り上げていただきました。毎日新聞のWebサイトでご覧いただけます。是非、ご高覧ください!

▽毎日新聞東京版(9/18付)
広がる「記憶の銀行」 60歳以上の人々記録 秘話や教訓、ネットで共有


■今月のおすすめ動画

今月は、毎日新聞東京版に掲載された「MEMORO記憶の銀行」の記事から、渡辺長武(アニマル渡辺)さんの動画をご紹介します。是非、シリーズでお楽しみください!

私のレスリング人生 Part1「レスリングとの出会い」
語り手:渡辺 長武様(1940(昭和15)年生まれ


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年9月号

2017年9月15日

ニュースレター第95号 2017年9月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】月島プロジェクト

月島やその周辺に暮らす方々の記憶を集めている「MEMORO月島プロジェクト」。先月8月16日に新たな語り手の方の取材が行われました。その様子がYouTubeに限定公開されています。

動画はこちらから⇒「月島PJある日の取材

MEMOROの取材は、テレビのドキュメンタリー取材とは違ってもっと気軽なもの。語り手が語る懐かしい思い出話を、メモリーシーカーである聞き手が一緒に楽しみながら聞いていく…、そんな雰囲気です。今回も月島の昔の様子や青春時代の思い出をお二人の語り手の方に語っていただきました。


【スマホ撮影テクニック】⑥インタビュー取材のポイント

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。第6回目は「インタビュー取材のポイント」です。

 

テレビのドキュメンタリー番組などでは、インタビュー取材が重要なポイントになります。インタビューの方法は、街角での街頭インタビューから、オフィスでじっくり座ってお話を伺うなど、内容によっていろいろな方法があります。大事なことはカメラが無いかのように相手に感じさせること。目の前にカメラのレンズを突きつけられると、普通の人は緊張してしまうもの。その点、スマホは小さいですし、相手もあまり緊張しないはずです。そして大事なことは、相手に何を聞くのか? そして相手の話をじっくり聞くということです。これはMEMOROの取材でも同じです。スマホ用のマイクをつけるとインタビューがさらにクリアな音で録音できます。


■今月のおすすめ動画

今月は古賀俊江さんの動画をご紹介します。古賀さんには小さい頃に見て、今でも心に焼き付いている光景があるそうです。古賀さんは幼い頃、近所の印刷屋さんによく遊びに行っていました。そこに盲学校の女学生さんがよく立ち寄っては、印刷所のおばさんとお喋りして帰る光景がありました。白杖を持っていたか、いなかったか…。古賀さんが覚えているのは周りの大人たちが自然に、ごく普通に接していたということでした。

日常に他者の目を (10)
語り手:古賀 俊江様(1931(昭和6)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。