NEWSLETTER 2017年6月号

2017年6月15日

ニュースレター第92号 2017年6月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】大磯プロジェクト開始!

神奈川県の南部に位置する町「大磯」。明治中期から昭和初期にかけて、避暑・避寒地として知られており、現在は企業の保養所や研修所として利用されているところも多くあります。

この大磯で暮らしてきた方の記憶を取材する「大磯プロジェクト」が始まりました。昭和の時代・漁師町として発展してきた大磯の町の記憶をこれからつないでいきます。


【新連載!スマホ撮影テクニック】③カメラアングル

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。

 第3回目は「カメラアングル」です。同じ映像でも、カメラアングルによって印象は全く異なります。「カメラアングル」には、【ハイアングル】【アイレベル】【ローアングル】の3つがあり、草花などを撮影するときには【超ローアングル】といった、地面すれすれにカメラを構える場合もあります。通常は目の高さとなる【アイレベル】が基本となります。

 人物を撮影するときも、「カメラアングル」によって、印象は変わります。【ハイアングル】は弱々しく寂しい印象、【アイレベル】は自然で公正な印象、【ローアングル】は人物が尊大な印象になります。こうした印象の違いは、テレビドラマにも多く使われています。


■今月のおすすめ動画

今月は始まったばかりの「大磯プロジェクト」から内田もと子さんの動画をご紹介します。漁師の家に生まれ育った内田さん、今と較べて当時は子どももよく働いたと言います。朝早くから眠い目をこすりながら浜に出てきょうだいみんなで家の仕事を手伝ったことなど、子どもの頃の思い出をいきいきと語ってくださいました。

漁師の家に育って①
語り手:内田 もと子様(1932(昭和7)年 6月2日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年5月号

2017年5月15日

ニュースレター第91号 2017年5月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「R65月島カフェ」に参加

 先月のニュースレターでお知らせした、一人暮らしや閉じこもりがちな高齢者が身近な地域で交流ができる、中央区・天空新聞のサロン活動「R65月島カフェ」がスタート。連休明けの5月8日(月)に第一回が開催され、MEMOROも参加しました。月島プロジェクトで語り手となっていただいた藤倉和男さんによる「西仲通りの昔」のコーナーでは、MEMOROの映像を上映。巧みな藤倉さんのお話に、参加された方も興味深く聞きいっていました。MEMOROでは定期的に「R65月島カフェ」に参加。月島の昔の思い出をお話ししてくださる方を取材していく予定です。


【新連載!スマホ撮影テクニック】②三脚を利用する

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。第2回目は「三脚を利用する」です。先月号では、安定した画面を撮影するための構え方についてお話ししましたが、MEMOROの取材のようにインタビューを撮影するときにはスマホ用の三脚を利用すると良いでしょう。三脚を利用すれば、手ぶれの心配はありません。カメラのことは気にせずに、あとはインタビューに集中できます。もちろん、インタビュー以外でも、旅行や子どもの行事などでも利用できます。

 現在ではスマホ用三脚(写真)の種類は多くあります。脚がマグネット式で自由に曲がるものもあり、どこかにくくりつけられるものもあります。価格は1500円程度のものから、プロ用の1万円を越すものもありますが、最初は安価なもので試してみることがお勧めです。


■今月のおすすめ動画

 今月は「R65月島カフェ」でご紹介した、藤倉和男さんの動画をご紹介します。
 昔の月島西仲通り商店街には、レバーフライの屋台やお惣菜屋さん、小間物屋さんなどがズラリと立ち並び大変賑やかだったそうです。藤倉さんの楽しい思い出話を是非お楽しみください。

お店で売っていたもの
語り手:藤倉 和男様(1928(昭和3)年 1月25日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年4月号

2017年4月16日

ニュースレター第90号 2017年4月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動計画】天空新聞「R65月島カフェ」に参加

中央区の高層マンションを中心に配信されている天空新聞が、5月8日より「R65月島カフェ」をスタートすることになり、MEMOROも参加することとなりました。
 「R65月島カフェ(https://r60.jimdo.com/)」は一人暮らしや閉じこもりがちな高齢者が身近な地域で交流ができるサロン活動です。
 MEMOROは、この交流の場に参加し、記憶を語る場として撮影会・上映会を予定しています。


【新連載!スマホ撮影テクニック】①スマホの構え方

 新年度を迎え、MEMORO代表理事の長島による、「スマホ撮影テクニック:撮影ワンポイントアドバイス」が今月号からスタートします。第1回目は「スマホの構え方」です。

 今やビデオカメラやデジカメがなくても、スマホで動画を簡単に撮れます。そのときに見やすい動画が撮れれば、それだけで撮影が上手いと評価されます。では見やすい動画ってどういう動画でしょうか? それは画面がぐらぐら揺れないようにすること、それにはスマホの構え方がポイントになります。スマホの場合、脇を締めて左手だけで安定させ、右手はレンズを隠さないようにします。そしてなるべくスマホを動かさないようにします。初心者はつい双眼鏡のようにカメラを動かしがちですが、実はカメラはなるべく動かさない方が見やすい画面が撮れるのです。


■今月のおすすめ動画

 今月は「月島プロジェクト」から、保田清(やすだ・きよし)さんの動画をご紹介します。特攻隊員だったお兄さんの思い出を語っていただきました。保田さんは他にも、戦時中やご自身の疎開の思い出を語られています。

特攻隊だった兄のこと
語り手:保田 清様(1933 (昭和8年 )1月5日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年3月号

2017年3月16日

ニュースレター第89号 2017年3月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】MEMORO第6期総会

 2月19日にMEMOROの第6期総会を行いました。昨年度は高山市制施行80周年事業として、飛騨高山プロジェクトの語り手の方の上映会を始め、月島プロジェクト、神楽坂プロジェクトなど色々なプロジェクトが始まりました。また、「東京ガルリ」へのテレビ出演、雑誌インタビューなどのメディア取材も受けました。総会ではそれらの報告と共に、今年度の計画などが話し合われました。

【報告】初代代表チンツィア・ドルチーニさん来日

 初代代表で昨年度まで、MEMORO日本の理事を務めていたチンツィア・ドルチーニさんが来日しました。チンツィアさんはMEMOROの語り手にもなっている、武術家の初見良昭氏のもとで、日本在住の頃から武術を習っています。今回の来日も日本での稽古のため来日されました。昨年度でMEMORO日本の理事を卒業し、今後は賛助会員としてMEMOROを応援していただきます。MEMORO日本のスタッフと共に楽しいひとときを過ごしました。


■今月のおすすめ動画

 今月はチンツィアさんの来日を記念して、武術家の初見良昭さんのシリーズ「武術家としての人生」をご紹介します。下記からも初見さんの動画がご覧いただけます。
語り手「初見良昭」http://www.memoro.org/jp-jp/testimone.php?ID=1348

武術家としての人生1「武術を始めたきっかけ」
語り手:初見 良昭様(1931 (昭和16年 )12月2日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年2月号

2017年2月15日

ニュースレター第88号 2017年2月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】MEMORO「記憶の銀行」×童謡100年(R)プロジェクト

1 1月号でお知らせした、童謡100年プロジェクトのワークショップが1月24日(火)に東京芸術劇場「ミーティングルーム」で開催されました。

 当日は童謡100年プロジェクトに関わる方が集まり、MEMOROの紹介を始め、メモリーシーカーとしてどのように記憶を撮影していくのか、撮影後どのように投稿をしていくのかを、代表理事の長島が解説しました。また、今までMEMOROで語られた方の動画を上映したところ、多くの方がお話を興味深く聞いていらっしゃいました。

2 そして後日、ワークショップに参加いただいた、童謡100年プロジェクトの顧問を務める高橋育郎(たかはしいくお)様が、プロジェクト最初の語り手として、童謡にまつわる色々な記憶を、MEMORO事務所で語ってくださいました。

 MEMOROでは「童謡100年プロジェクト」のテーマを作成しました。今後、高橋様に続き多くの方の童謡にまつわる記憶を集めてまいります。

■童謡100年プロジェクトFacebook(https://www.facebook.com/doyo100/


■今月のおすすめ動画

takahashi

 今月はMEMORO「童謡100年プロジェクト」から、高橋育郎さんの動画をご紹介します。現在、童謡100年プロジェクトの顧問を務める高橋育郎さんが、童謡と出会った子どもの頃のお話を語ります。下記のMEMOROテーマからも高橋さんの動画がご覧いただけます。

・MEMOROテーマ「童謡100年プロジェクト」
http://www.memoro.org/jp-jp/percorso_dett.php?ID=589
 
童謡と出会ったころ
語り手:高橋 育郎様(1935 (昭和10年 )3月26日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年1月号

2017年1月15日

ニュースレター第87号 2017年1月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【2017年度活動予定】1/24、MEMORO「記憶の銀行」×童謡100年(R)プロジェクト

1  寒中お見舞い申し上げます。みなさま、新しい年を迎えていかがお過ごしでしょうか。

 MEMORO「記憶の銀行」も日本で活動を始めてから今年で8年目を迎えます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今年もMEMOROは昨年に続き、語り手の方への取材と共に上映会やワークショップを予定しています。その第一弾として、今月は「童謡100年(R)プロジェクト」とのコラボレーション、「未来につなぐ童謡の記憶」の動画制作ワークショップを行います。

 「童謡100年(R)プロジェクト」とは、2018年に100周年を迎える童謡の素晴らしい文化を再評価し、この先100年歌い継いでいくプロジェクト。MEMOROは2年前から、このプロジェクトに参加してきました。今回のワークショップでは、MEMOROの活動を紹介すると共に、インタビュー撮影のポイントなどを代表理事で映像ディレクターの長島が解説し、童謡の記憶を未来につなぐ活動のスタートとなります。お時間がある方はぜひご参加ください!

◆MEMORO「記憶の銀行」×童謡100年プロジェクト~未来につなぐ童謡の記憶~ 動画制作ワークショップ
http://doyo100.com/news20161216/
◆日時:2017年1月24日(火) 19:00 ~ 21:00(開場18:30)
◆場所:東京芸術劇場ミーティングルーム1(豊島区西池袋1-8-1※地図・アクセスはこちら
◆定員:20名※事前予約制。下記からお申し込みください。
◆参加費: 500円(税込)
◆問合せ: 童謡100年(R)プロジェクト(info@doyo100.com


■今月のおすすめ動画

2

 今月は「MEMORO神楽坂プロジェクト」から、峰岸和枝さんの神楽坂の思い出をご紹介します。お正月になると黒のお着物に髪に稲穂を挿した芸者さんを見かけて憧れたという峰岸さん。神楽坂の芸者新道のこと、近くに住んでいた田中角栄氏のことも語ってくれました。
 
花街としての神楽坂
語り手:峰岸 和枝様(1932 (昭和7 )生まれ)


【ご報告】「MEMORO日本」初代代表Cinziaさんが新たな一歩へ

 MEMORO日本の立ち上げ当初から一緒に活動をしてきた、イタリア本部のCinzia(チンツィア・ドルチーニ)さんが新たな一歩を進めるために、MEMOROを卒業することとなりました。MEMORO日本のスタッフ一同、7年間MEMOROのために尽力してくれたCinziaさんに感謝すると共に、イタリアのCinziaさんに代わり、MEMOROを支えてくださっている日本のみなさまに御礼申し上げます。


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2016年12月号

2016年12月15日

ニュースレター第86号 2016年12月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【2016年度活動報告】

1-media 今年も残すところ、あと半月となりました。この1年のMEMORO日本の活動を振り返り、みなさまにご報告したいと思います。

 今年は大きく2つのプロジェクトが動き出しました。ひとつは月島プロジェクト、もうひとつは神楽坂プロジェクトです。月島プロジェクトは代表の長島が講師を行った「スマホでつくる1分動画」をきっかけに始まりました。月島に暮らす方々の貴重な体験が投稿されています。

2-screening 神楽坂プロジェクトは、毎年行われるイベント「神楽坂まち飛びフェスタ」に向けて取材を開始。街づくりに奮闘したエピソードをはじめ、花街として知られている神楽坂にまつわる動画投稿が進んでいます。10月には飛騨高山プロジェクトの上映会が高山市制施行80周年記念事業として開催されたのをはじめ、月島プロジェクト、神楽坂プロジェクトの上映会も行われ、語り手の方の貴重な記憶を多くの方に知っていただけました。

 また、今年は様々なメディアにMEMOROが取り上げられました。テレビ東京の番組「TOKYOガルリ」へのテレビ出演をはじめ*、全国のお寺の檀家さんに向けた雑誌「仏教の生活」、ホームレスの自立を支援する雑誌「THE BIG ISSUE」など、多くの方にMEMOROを知っていただける機会にも恵まれました。
*TOKYOガルリ「MEMORO紹介」

 今年も一歩ずつMEMOROは活動を続けてきました。来年に向けても、さらに多くの方の記憶を集めていこうと考えております。みなさま、良いお年をお迎えください。

【会員募集のお知らせ】
MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


■今月のおすすめ動画

3-sato

 今月は「MEMORO月島プロジェクト」から、月島生まれの佐藤光子さんの思い出をご紹介します。佐藤光子さんが子どもの頃に住んでいたのは月島の長屋住宅。戦後の物のない時代でしたが隣近所は仲が良く、子ども同士で誘い合って銭湯に通っていた楽しい思い出を語ります。
 
勝どきは月島だった!?2号地って?
語り手:佐藤 光子様(1942 (昭和17 )生まれ)


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。