NEWSLETTER 2015年2月号

2015年2月15日

ニュースレター第64号 2015年2月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト」上映会/次回は6月を予定

1.hidatakayama
 2月8日(日)、第1回目の「飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト」上映会を開催しました。今回の催しは地元の、2月6日付「高山市民時報」でも紹介され、また農閑期である冬は一番人が集まれる時期とのことで、記事を見ていらっしゃった方、語り手のお知り合いなど、16名の方にご来場いただきました。上映会では、MEMORO「記憶の銀行」の活動紹介や語り手の方のご紹介、撮影動画の上映などを行い、和やかに会を終了しました。

 次回の「飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト」上映会(高山サロン)は6月に開催を予定しています。

飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト」問い合わせ先:
info.jp@memoro.org
(飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト担当:金子 )


■今月のおすすめ動画

hayashi
 今回は、「飛騨高山MEMORO「記憶の銀行」プロジェクト」から、飛騨高山地域の歴史を研究しておられる、林格男先生のお話をご紹介します。飛騨地区の小中学校に勤務されていた林さんは、当時の教え子に江戸時代の飛騨の大規模一揆「大原騒動」の子孫たちがいたことから心を動かされ、地域を訪ね歩く郷土史の研究を始められたそうです。

大原騒動の研究を始めたきっかけ
語り手:林 格男(ただお)様(1931(昭和6)年9月13日生まれ


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界14カ国に広がっています(2012年1月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。