NEWSLETTER 2016年8月号

2016年8月15日

ニュースレター第82号 2016年8月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【メディア掲載・出演】テレビ東京「TOKYOガルリ」

1.TV_TOKYO
  7月号のニュースレターでもお知らせしましたが、本日8月15日(月)21時54分から22時に放送される、テレビ東京のミニトーク番組「TOKYOガルリ」にMEMOROの活動が取り上げられ、代表理事の長島が出演いたします。番組側の意向もあるかと思いますが、8月15日の終戦記念日にあわせて、記憶を継承することの意義を踏まえた紹介になるかと思います。放送局は地上デジタルch7のテレビ東京です。みなさま、ぜひご覧ください。写真は先週放映された予告の画面です。

【活動報告】

 10月15日(土)から11月3日(木・祝)までの期間を通して、開催が予定されている、「神楽坂まち飛びフェスタ2016」(情報頁:Let’s Enjoy TOKYO)。 

 神楽坂全体をアートスペースにする企画に、神楽坂ゆかりの伝統芸能など、さまざまなイベントを加えて発展継承した神楽坂の文化祭です。その中の「SPレコードを楽しむ〜神楽坂の記憶」というイベントにMEMOROが協力を依頼され、秋の企画実現を目指しています。詳細が決まり次第、ニュースレター、SNSでご報告いたします。


■今月のおすすめ動画

2.hiratsuka

 今日は71回目の終戦記念日です。「飛騨高山プロジェクト」から、終戦の年、1945(昭和20)年に、女学校を卒業した平塚和子さんの思い出話をご紹介します。戦時中、勉強は全くできず、学校は軍需工場と化して戦闘機の翼の下につける「落下タンク」ばかりを作らされていたそうです。女学校で習って役に立ったことは、敗戦後の卒業までの僅かひと月の間に、綿入れの縫い方を教えてもらったことだけだったと語ります。

高山女学校での落下タンク作り
語り手:平塚 和子様(1928 (昭和3)年12月26日生まれ)


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。