NEWSLETTER 2016年11月号

2016年11月15日

ニュースレター第85号 2016年11月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告①】「MEMORO飛騨高山プロジェクト」上映会

1

 先月10月15日に高山市制施行80周年記念事業にあわせたイベントで、2014年からスタートした飛騨高山プロジェクトで取材してきた動画の上映会を行いました。
 当日は、語り手の方にもご来場いただき、あらためてそれぞれの思い出や取材の時の感想を語っていただきました。来場してくださったお客様も、興味深くお話を聞いてくださり、自分たちの住む飛騨高山の新たな一面を知っていただけたようです。
 今後も飛騨高山プロジェクトは続きます。古きよき日本を感じさせる飛騨高山の記憶を、来年、再来年とさらに多くの方々に語っていただく予定です。


【活動報告②】「MEMORO神楽坂プロジェクト」上映会

2
 飛騨高山プロジェクトに続いて、神楽坂プロジェクトも10月29日に「神楽坂まち飛びフェスタ2016」の一環として上映会を行いました。語り手の方お二人にもご来場いただき、取材の時には語りきれなかった思い出を、来場者の方々にお話しされました。長く神楽坂に暮らしてきた方ならではのエピソードに、来場者も興味深く耳を傾けていました。
 現在はオシャレな街として若者に人気のある神楽坂ですが、花街としても歴史があります。これを機会にさらに多くの方に語っていただくことを予定しています。


■今月のおすすめ動画

sakamoto

 今月は「MEMORO神楽坂プロジェクト」から、坂本二朗さんの動画をご紹介します。戦前は「山の手随一の繁華街」と言われた神楽坂商店街。ところが戦後の神楽坂は、新宿、池袋と異なり闇市がなかったため衰退していきました。そんな神楽坂を再び活気づけようと、坂本さんは漆器店の山下さんと一緒に街おこしをはじめました。
 
戦後の神楽坂
語り手:坂本 二朗様(1945 (昭和20)年1月22日生まれ)


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。