NEWSLETTER 2017年9月号

2017年9月15日

ニュースレター第95号 2017年9月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】月島プロジェクト

月島やその周辺に暮らす方々の記憶を集めている「MEMORO月島プロジェクト」。先月8月16日に新たな語り手の方の取材が行われました。その様子がYouTubeに限定公開されています。

動画はこちらから⇒「月島PJある日の取材

MEMOROの取材は、テレビのドキュメンタリー取材とは違ってもっと気軽なもの。語り手が語る懐かしい思い出話を、メモリーシーカーである聞き手が一緒に楽しみながら聞いていく…、そんな雰囲気です。今回も月島の昔の様子や青春時代の思い出をお二人の語り手の方に語っていただきました。


【スマホ撮影テクニック】⑥インタビュー取材のポイント

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。第6回目は「インタビュー取材のポイント」です。

 

テレビのドキュメンタリー番組などでは、インタビュー取材が重要なポイントになります。インタビューの方法は、街角での街頭インタビューから、オフィスでじっくり座ってお話を伺うなど、内容によっていろいろな方法があります。大事なことはカメラが無いかのように相手に感じさせること。目の前にカメラのレンズを突きつけられると、普通の人は緊張してしまうもの。その点、スマホは小さいですし、相手もあまり緊張しないはずです。そして大事なことは、相手に何を聞くのか? そして相手の話をじっくり聞くということです。これはMEMOROの取材でも同じです。スマホ用のマイクをつけるとインタビューがさらにクリアな音で録音できます。


■今月のおすすめ動画

今月は古賀俊江さんの動画をご紹介します。古賀さんには小さい頃に見て、今でも心に焼き付いている光景があるそうです。古賀さんは幼い頃、近所の印刷屋さんによく遊びに行っていました。そこに盲学校の女学生さんがよく立ち寄っては、印刷所のおばさんとお喋りして帰る光景がありました。白杖を持っていたか、いなかったか…。古賀さんが覚えているのは周りの大人たちが自然に、ごく普通に接していたということでした。

日常に他者の目を (10)
語り手:古賀 俊江様(1931(昭和6)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。