NEWSLETTER 2018年7月号

2018年7月18日

ニュースレター第105号 2018年7月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

この度の西日本豪雨災害により被災されましたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。今後、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

MEMORO「記憶の銀行」では、人生の先輩方の記憶を、社会文化遺産として未来へとつないでいくために、多くの人にメモリーシーカーになっていただきたいと思っています。先月に引き続き、メモリーシーカーになるためのノウハウや心得について説明します。

【メモリーシーカーにチャレンジ!】その3:収録前のコミュニケーション~テーマを決める~

語り手に、自分の過去の記憶を語り、未来に残そう!という気持ちになっていただけたなら、次にすることは、語っていただくテーマを決めることです。長い人生の中で特に伝えたいことはなんなのか、引き出すことがメモリーシーカーの役割です。ゆっくり時間をかけてお話を伺い、もっと知りたい、もっと語ってほしいことはなんなのかを探りながらコミュニケーションをとりましょう。この過程が最も重要で、語り手との信頼関係を構築することにもつながります。

アルバムや手紙、思い出の品などを用意していただくと、記憶がイキイキとよみがえり語りたいという気持ちが高まります。MEMOROの同じテーマのほかの語り手の動画を見ていただくことで触発され、記憶が鮮明になることもあります。

ある程度テーマが絞られたら、MEMOROで用意している「聴き取りシート」に記録しておくと収録時に役に立ちます。

▼聴き取りシート

意外に忘れがちなのが、「正確な名前」と「生まれた年」を確認することです。MEMOROでは、その方の生まれた年(西暦・年号)が必須の要素ですので必ず確認してください。漏れがないよう確認する意味でも、「聴き取りシート」は役に立つでしょう。


■今月のおすすめ動画

2020年の東京オリンピック開催に向け、着々と準備が進められています。1964年にも東京オリンピックが開催されましたが、MEMOROの動画の中にも「東京オリンピック」の記憶が複数あります。MEMOROサイト内の動画検索で「オリンピック」という文字列を入れて検索すると、さまざまなオリンピックに関する記憶が表示されます。その中で今回は、オリンピックに選手として参加した方と、観客として見に行かれた方の動画を紹介します。

「私のレスリング人生 Part4「東京オリンピック 1964」 語り手:渡辺 長武(アニマル渡辺)様(1940(昭和15)年生まれ)

 

 

 

「東京オリンピックの時代」 語り手:浅賀 政弘様(1947(昭和22)年生まれ)

 

 


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。