NEWSLETTER 2018年8月号

2018年8月24日

ニュースレター第106号 2018年8月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「自分史白書 2018」にMEMOROが取り上げられました!

一般社団法人 自分史活用推進協議会(https://jibun-shi.org/)が毎年発行する「自分史白書 2018」にMEMOROの活動が取り上げられました。この団体は、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にするというビジョンのもとに活動しています。

今回は、MEMORO「記憶の銀行」へ投稿されている動画の傾向についてリサーチしていただき、記事の中でグラフ化していただいています。これによると仕事に関する語りが一番多く、それに続いて社会・生活、歴史となっています。このような調査は今までMEMORO内では行ったことがなかったので、貴重な資料となりました。今後もこれを参考に多くの語り手の方へ取材を続け、MEMOROを応援してくださるみなさまにも動画投稿を呼びかけていきたいと考えています。


■今月のおすすめ動画

8月15日は終戦記念日です。

第二次世界大戦末期(1943年~)、深刻な労働力不足を補うために「学徒動員」として、中等学校以上の学生が軍需産業や食料生産に動員されました。その当時の記憶を語っている映像があります。

平塚和子さんが女学校を卒業した年が終戦の年(1945年)でした。学校は軍需工場と化し、勉強は全くせず、戦闘機の翼の下につける「落下タンク」を作っていたそうです。

「高山女学校での落下タンク作り」 語り手:平塚和子様(1929(昭和4)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。