NEWSLETTER 2019年7月号

2019年7月16日

ニュースレター第117号 2019年7月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「ファミリーヒストリー〜私と家族・町の歴史を映像や冊子で残す」第2回

先月の6月26日(水)に、中央区立シニアセンターでのイベント「ファミリーヒストリー〜私と家族・町の歴史を映像や冊子で残す」の2回目のイベントが行われました。今回の会場は、中央区入舟の桜川公園内にある「いきいき桜川(桜川敬老館)」。

 

今回は、中央区新川にお住まいの方々にお越しいただきました。今回も1回目と同様に「月島百景」代表の宮本季依さん、小冊子で記録を残している「聞き書きの会」の小坂和子さんとともに、MEMOROの活動を紹介させていただき、それぞれが記憶を遺すことの意義を伝えました。

 

今回のイベントの特長は、映像以外の小冊子での記録など、様々な媒体での特色を活かした、記録の残し方があることを広く紹介できたことです。映像、音声、そしてテキスト。記憶を残す方法はいくつかあります。今後、MEMOROは他の媒体とのコラボレーションも図り、記憶を集めていきます。引き続きMEMORO「記憶の銀行」の応援をよろしくお願いします。

 


■今月のおすすめ動画

今回は、「メモロ月島プロジェクト」から、佃秀敏さんのお話をご紹介します。佃さんは、昭和の高度経済成長期に土木事業の仕事で全国を巡っていました。ぜひシリーズでご覧ください!

 

「月島プロジェクト 佃秀敏さん①全国の土木現場を巡って」語り手:佃秀敏様 1938(昭和13)年生まれ

 


【会員募集のお知らせ】


MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。

★会員お申込みフォーム
※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。