NEWSLETTER 2018年10月号

2018年10月16日

ニュースレター第108号 2018年10月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

MEMORO「記憶の銀行」では、人生の先輩方の記憶を、社会文化遺産として未来へとつないでいくために、多くの人にメモリーシーカーになっていただきたいと思っています。メモリーシーカーになるためのノウハウや心得について説明します。

【メモリーシーカーにチャレンジ!】その5:収録時に気をつけること~肖像権~

いよいよ撮影です。収録当日には次のものを用意しましょう。

 屋外で撮影する場合、語り手以外の方が映り込んでしまうことがあります。映り込んだ個人が特定できない場合には問題になりませんが、個人が特定できる場合、「肖像権」が問題になることがあります。

●肖像権とは
 肖像に関する権利、いわゆる肖像権とは、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有するものというべきである。」(京都府学連事件-昭和44年12月24日最高裁判決)

その対策として、次の2点が考えられます。

1.撮影する前に、映り込みの可能性のある方に声をかけ「動画を撮影している。WEBで公開することになる」ことを伝え、問題ないかどうか確認してから撮影する。
2.確認ができなかった場合、ぼかしやモザイクなどの画像処理を行ったりして、個人が判別できないようにする。またはトリミングするなどして、できるだけ第三者が映り込まないようにする。

上記に注意して、メモリーシーカーにチャレンジしましょう!


■今月のおすすめ動画

 スマートフォン、携帯電話が普及し、相手の電話番号にかければ電話が簡単につながる現在、かつて、交換手が電話をつないでくれた時代があったとは、想像もつかない人が多いことでしょう。今月のおすすめ動画は、電話交換手の記憶です。昔の電話は交換手とのやりとりがとても人間味溢れるものでした。電話をつないでくれるだけでなく、交換手が個人的に知っている地域の情報まで教えてくれたそうです。

「アナログ電話の交換手」 語り手:関家憲一様(1938(昭和13)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

NEWSLETTER 2019年9月号

2018年9月22日

ニュースレター第107号 2018年9月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

このたびの北海道胆振東部地震および台風21号により被災されましたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。今後、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

MEMORO「記憶の銀行」では、人生の先輩方の記憶を、社会文化遺産として未来へとつないでいくために、多くの人にメモリーシーカーになっていただきたいと思っています。メモリーシーカーになるためのノウハウや心得について説明します。


【メモリーシーカーにチャレンジ!】その4:収録当日に用意するもの

いよいよ撮影です。収録当日には次のものを用意しましょう。

・動画が撮影できる機器
スマホ、デジタルカメラ、ビデオカメラ、Web カメラ付きパソコン等、動画が撮影できる機器であればなんでもOKです。最近は、スマホの性能がとてもいいので、スマホで撮影するのがお勧めです。スマホの場合、小さいので語り手の方が撮影されていることを意識せず、リラックスして語っていただけるようです。

・動画撮影機器を固定するもの
動画撮影機器を手に持って撮影すると画面がぶれて、せっかくいいお話を収録できても、見にくい映像になってしまったり、慣れていないと機器が気になって、うまくインタビューできないこともあります。そうならないよう、「三脚」を使って機器を固定することをお勧めします。写真はスマホ用の小型の三脚で撮影している風景です。三脚がない場合には、机の上に本や箱を積み上げて機器を置く場所を作ることでも固定できます。

・「記憶をお預かりする前にご承諾いただきたいこと」(cf.Newsletter2018年6月号

・「聴き取りシート」(cf.Newsletter2018年7月号

動画撮影マニュアルもありますので、参考までにご覧ください。
▼動画撮影マニュアル「メモリーシーカーのための動画撮影テクニック」


■今月のおすすめ動画


2012年の春、東京都荒川区の「ぬりえ美術館(http://www.nurie.jp/)」で行なった「MEMORO体験会」で、子どもの頃や娘時代の思い出を語って下さった金子久子様(「ぬりえ美術館」館長のお母様)が、今月9月1日にお亡くなりになったことをお知らせいただきました。

とてもお洒落でお話し上手だった金子久子様には、豊かで楽しかった戦前の子ども時代、洋裁学校を出て洋裁店で働いていた娘時代、美容師として、自立した女性として生きてきた戦後のことなど、たくさんの思い出を語っていただきました。金子久子様のご冥福を心からお祈りしたいと思います。

「子どもの頃、日本は豊かでした」 語り手:金子久子様(1929(昭和4)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年8月号

2018年8月24日

ニュースレター第106号 2018年8月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「自分史白書 2018」にMEMOROが取り上げられました!

一般社団法人 自分史活用推進協議会(https://jibun-shi.org/)が毎年発行する「自分史白書 2018」にMEMOROの活動が取り上げられました。この団体は、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にするというビジョンのもとに活動しています。

今回は、MEMORO「記憶の銀行」へ投稿されている動画の傾向についてリサーチしていただき、記事の中でグラフ化していただいています。これによると仕事に関する語りが一番多く、それに続いて社会・生活、歴史となっています。このような調査は今までMEMORO内では行ったことがなかったので、貴重な資料となりました。今後もこれを参考に多くの語り手の方へ取材を続け、MEMOROを応援してくださるみなさまにも動画投稿を呼びかけていきたいと考えています。


■今月のおすすめ動画

8月15日は終戦記念日です。

第二次世界大戦末期(1943年~)、深刻な労働力不足を補うために「学徒動員」として、中等学校以上の学生が軍需産業や食料生産に動員されました。その当時の記憶を語っている映像があります。

平塚和子さんが女学校を卒業した年が終戦の年(1945年)でした。学校は軍需工場と化し、勉強は全くせず、戦闘機の翼の下につける「落下タンク」を作っていたそうです。

「高山女学校での落下タンク作り」 語り手:平塚和子様(1929(昭和4)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年7月号

2018年7月18日

ニュースレター第105号 2018年7月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

この度の西日本豪雨災害により被災されましたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。今後、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

MEMORO「記憶の銀行」では、人生の先輩方の記憶を、社会文化遺産として未来へとつないでいくために、多くの人にメモリーシーカーになっていただきたいと思っています。先月に引き続き、メモリーシーカーになるためのノウハウや心得について説明します。

【メモリーシーカーにチャレンジ!】その3:収録前のコミュニケーション~テーマを決める~

語り手に、自分の過去の記憶を語り、未来に残そう!という気持ちになっていただけたなら、次にすることは、語っていただくテーマを決めることです。長い人生の中で特に伝えたいことはなんなのか、引き出すことがメモリーシーカーの役割です。ゆっくり時間をかけてお話を伺い、もっと知りたい、もっと語ってほしいことはなんなのかを探りながらコミュニケーションをとりましょう。この過程が最も重要で、語り手との信頼関係を構築することにもつながります。

アルバムや手紙、思い出の品などを用意していただくと、記憶がイキイキとよみがえり語りたいという気持ちが高まります。MEMOROの同じテーマのほかの語り手の動画を見ていただくことで触発され、記憶が鮮明になることもあります。

ある程度テーマが絞られたら、MEMOROで用意している「聴き取りシート」に記録しておくと収録時に役に立ちます。

▼聴き取りシート

意外に忘れがちなのが、「正確な名前」と「生まれた年」を確認することです。MEMOROでは、その方の生まれた年(西暦・年号)が必須の要素ですので必ず確認してください。漏れがないよう確認する意味でも、「聴き取りシート」は役に立つでしょう。


■今月のおすすめ動画

2020年の東京オリンピック開催に向け、着々と準備が進められています。1964年にも東京オリンピックが開催されましたが、MEMOROの動画の中にも「東京オリンピック」の記憶が複数あります。MEMOROサイト内の動画検索で「オリンピック」という文字列を入れて検索すると、さまざまなオリンピックに関する記憶が表示されます。その中で今回は、オリンピックに選手として参加した方と、観客として見に行かれた方の動画を紹介します。

「私のレスリング人生 Part4「東京オリンピック 1964」 語り手:渡辺 長武(アニマル渡辺)様(1940(昭和15)年生まれ)

 

 

 

「東京オリンピックの時代」 語り手:浅賀 政弘様(1947(昭和22)年生まれ)

 

 


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年6月号

2018年6月18日

ニュースレター第104号 2018年6月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

MEMORO「記憶の銀行」では、人生の先輩方の記憶を、社会文化遺産として未来へとつないでいくために、多くの人にメモリーシーカーになっていただきたいと思っています。先月に引き続き、メモリーシーカーになるためのノウハウや心得について説明します。

【メモリーシーカーにチャレンジ!】その2:収録の前にすること

MEMOROはメモリーシーカーのみなさまと共に作り上げるサイトです。語り手の方から貴重な思い出をお聴きして記録する。そのためには撮影テクニック以前に、語り手との信頼関係を構築することが大切です。

メモリーシーカーとして最初にしていただきたいことは、「なぜお話ししていただきたいのか」、あなたの気持ちを語り手の方にきちんと伝えることです。語り手の方が心を開いて、胸の奥にしまい込んだ貴重な記憶を語ってくださるように、あなたの想いを素直に伝えてください。

語っていただけることになりましたら、収録をはじめる前に、語り手の方に「記憶をお預かりする前にご承諾いただきたいこと」を説明しましょう。インターネットを通して、世界に発信されることになりますので、必ず事前に確認するようにしてください。

▼記憶をお預かりする前にご承諾いただきたいこと


■今月のおすすめ動画

 今年2018年は「童謡」100周年。1918年に児童文学者・鈴木三重吉が創刊した児童雑誌『赤い鳥』で「童謡」という言葉が発表されてから100年を迎えます。日本において子どもの歌は、「わらべうた」として伝承され、明治時代には文部省による「唱歌」、そして大正時代に童心と芸術性を重視した「童謡」が誕生したそうです。童謡が好きでこれまで研究をされてきた高橋さんに童謡のお話を伺いました。シリーズでご覧ください。

「戦後 歌われてきた童謡」 語り手:高橋 育郎様(1935(昭和10)年3月26日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年5月号

2018年5月19日

ニュースレター第103号 2018年5月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【メモリーシーカーにチャレンジ!】
その1:登録編 あなたも「メモリーシーカー」デビューしませんか?

MEMORO「記憶の銀行」は、人生の先輩方の記憶を「社会的・文化的遺産」として未来に繋げることを目的にした動画アーカイブです。その記憶を、「探して」、「記録して」、「投稿する人」がメモリーシーカーです。

メモリーシーカーには、誰でもなれます。今回は、記憶の動画を収録した後の手順について紹介します。

 

 

◆ステップ1:ユーザー登録
まず、最初にMEMOROのサイトから、ユーザー登録します。
名前、Eメールアドレスなど基本情報を入力すると、すぐに専用ページが作成されます。
▼ユーザー登録
http://www.memoro.org/jp-jp/nuovo_profilo.php
※2回目以降は、「ログイン」ボタンをクリック、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してください。

◆ステップ2:記憶を登録
次に、メモリーシーカーの専用ページで、「記憶」を登録します。
「動画」または「音声」を選択し、「タイトル」、「概要」、「語り手情報」を登録、動画をアップロードします。後は、MEMOROの事務局による公開を待つだけです。

なお、次のページにアクセスすると詳しい情報がご覧いただけますので、ご覧ください。

▼インタビュー収録と投稿の手引き
https://memorojp.wordpress.com/manual/


■今月のおすすめ動画

田植えの時期になりました。飛騨高山の谷口岩雄さんは、小学校からの依頼により、13年に渡り、米づくりの出前授業を行ってきました。昔からの農法、農具での米づくりにより、米を作ることがいかにたいへんなのか実感するとともに、食べ物のありがたみを知るという食育教育にもなったといいます。

「小学校で米作りの出前授業」 語り手:谷口 岩雄様(1930(昭和5)年9月5日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2018年4月号

2018年5月19日

ニュースレター第102号 2018年4月15日発行


 みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】MEMOROの映像とコミュニティ紙の連動

 本年度新理事に就任した佐久間は、東京都中央区佃・月島地域限定のコミュニティ紙「佃月島新聞 つくつき」の編集長です。先日、NHK首都圏ネットワークで紹介されたMEMORO「記憶の銀行」月島プロジェクトの推進者でもあります。

再開発が進む街「月島」の記憶を残そうと活動していますが、「石川島はじめものがたり」という企画が始まりました。佃の高層マンションは昭和40年代には「石川島播磨重工業」の広大な工場でした。日本最初の洋式造船所もここが発祥の地です。昭和30年代に職工として入社した小池さん(85歳)とともに、「石川島まちがど資料館」を巡りながらインタビュー映像を残していきます。撮影とインタビューは「佃月島新聞 つくつき」の読者記者で、かつ、MEMOROのメモリーシーカーでもあるKさんが行います。

コミュニティ紙「佃月島新聞 つくつき」の紙面とMEMOROの映像を連動した新しい取り組みにチャレンジしていきますので、乞うご期待ください。

「佃月島新聞 つくつき」の紙面は、http://tsukutsuki.comからご覧になれます。


■今月のおすすめ動画

 今月のおすすめ動画は、「月島プロジェクト」の語り手・鈴木敞治さんの「馬術の思い出」です。馬術をたしなむ鈴木さんが大学を卒業したのは1964年の東京オリンピックの年でした。馬術で出場した法華津寛選手がのっていた馬を見たときの思い出を語っていただきました。今年2月8日に放送された「NHK首都圏ネットワーク」のニュースの中でもMEMORO記憶の銀行の紹介で登場されています。

「馬術の思い出」 語り手:鈴木敞治様(1941(昭和16)年12月6日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。