NEWSLETTER 2017年11月号

2017年11月16日

ニュースレター第97号 2017年11月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【MEMORO各国の紹介②】ドイツ(2008年発足)

 MEMORO「記憶の銀行」の特徴の一つは、国際組織として、イタリアを中心に同じ想いを持つメンバーが、各国で活動しているということです。2007年にイタリアのトリノで誕生し、今年で10年になります。今月はドイツの活動をディレクターのニコさん(Nikolai C.C. Schulz)より紹介します。
MEMOROドイツ http://www.memoro.org/de-de/index.php

1)MEMOROに参加したきっかけは?
 私の両親の死をきっかけに、20年勤めていたコンピュータ販売の仕事をやめ、インド、タイ、ベトナムに一年間旅をしました。ヨガや瞑想、中年期の自信喪失や自分の新しい生き方について模索していました。ドイツのミュンヘンに戻った後、私は高齢者にコンピュータを教える仕事を始めました。
 その時に、イタリアの「MEMORO 記憶の銀行」プロジェクトを、オンライン新聞で偶然見つけて、
連絡をしたところ、彼らは私に「MEMOROドイツ」を開設するように言いました。
 そして、私の長い旅が始まったのです……。

2)あなたの国のおススメ動画は何ですか?

ブッパタール(私の姉妹の街)を砲撃するはどうしてですか?

ドイツ産業の中心地である “Ruhrgebiet”(ルール地方)が英国の爆撃を受けたため、防空壕で小さな男の子のように普段着で眠っていました。祖母が戦争を終えたとき、パジャマで眠ることができると言いましたが、戦争が本当に終わったことが信じられず、パジャマの下に普段着を着て2週間過ごしました。私はパジャマで寝ることが、どれほど幸せであるという事を実感しました。

有名な絵本デザイナーによる、「最後で、最初のキス」という動画もおススメです。

3)MEMORO活動での楽しみはなんですか?
人生の先輩からの生きざまを学ぶこと。私はインタビューの最後に、4つの質問をします。
1)あなたの人生で後悔していることはありますか?
2)あなたはまだ目標を持っていますか?
3)若い世代への提案はありますか?
4)あなたは何に感謝していますか?

すばらしい語り手に出会い、世界中のMEMOROの仲間と活動できること。
動画、インターネット、コンピュータで作業できること。
メディアやさまざまな機関によって、世の中の人たちに認めてもらうこと。


■今月のおすすめ動画

■今月のおすすめ動画 
 今月は、毎日新聞東京版に掲載された「MEMORO記憶の銀行」の記事から、「神楽坂を走っていた都電」峰岸和枝さんの動画をご紹介します。是非、シリーズでお楽しみください!

神楽坂シリーズ「神楽坂を走っていた都電」
語り手:峰岸和枝様(1932(昭和7)年2月6日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


広告

NEWSLETTER 2017年10月号

2017年10月17日

ニュースレター第96号 2017年10月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

新連載!【MEMORO各国の紹介①】

MEMORO「記憶の銀行」の特徴の一つは、国際組織として、イタリアを中心に同じ想いを持つメンバーが、各国で活動しているということです。2007年にイタリアのトリノで誕生し、今年で10年になります。10周年を記念し、各国の状況についてレポートします。

第1回目は、現在どのような国が参加しているのかを紹介します。2017年現在、次の16カ国が参加しています。

■アジア(2カ国)日本、韓国

■ヨーロッパ(8カ国)イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、ポーランド、キプロス、ギリシャ、ベルギー

■北アメリカ(2カ国)アメリカ合衆国、カナダ

■中南米(3カ国)ベネズエラ、プエルトリコ、アルゼンチン

■アフリカ(1カ国)カメルーン

次回以降、MEMORO各国の状況やメモリーシーカーたちがどのような想いで活動を始め、続けているのかなどをレポートします。どうぞ、お楽しみに!


【メディア紹介】9/18付、毎日新聞東京版

9月18日(月・祝)、毎日新聞東京版で「MEMORO記憶の銀行」が紹介されました。

「広がる「記憶の銀行」 60歳以上の人々記録 秘話や教訓、ネットで共有」という見出しで、大きく取り上げていただきました。毎日新聞のWebサイトでご覧いただけます。是非、ご高覧ください!

▽毎日新聞東京版(9/18付)
広がる「記憶の銀行」 60歳以上の人々記録 秘話や教訓、ネットで共有


■今月のおすすめ動画

今月は、毎日新聞東京版に掲載された「MEMORO記憶の銀行」の記事から、渡辺長武(アニマル渡辺)さんの動画をご紹介します。是非、シリーズでお楽しみください!

私のレスリング人生 Part1「レスリングとの出会い」
語り手:渡辺 長武様(1940(昭和15)年生まれ


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年9月号

2017年9月15日

ニュースレター第95号 2017年9月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】月島プロジェクト

月島やその周辺に暮らす方々の記憶を集めている「MEMORO月島プロジェクト」。先月8月16日に新たな語り手の方の取材が行われました。その様子がYouTubeに限定公開されています。

動画はこちらから⇒「月島PJある日の取材

MEMOROの取材は、テレビのドキュメンタリー取材とは違ってもっと気軽なもの。語り手が語る懐かしい思い出話を、メモリーシーカーである聞き手が一緒に楽しみながら聞いていく…、そんな雰囲気です。今回も月島の昔の様子や青春時代の思い出をお二人の語り手の方に語っていただきました。


【スマホ撮影テクニック】⑥インタビュー取材のポイント

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。第6回目は「インタビュー取材のポイント」です。

 

テレビのドキュメンタリー番組などでは、インタビュー取材が重要なポイントになります。インタビューの方法は、街角での街頭インタビューから、オフィスでじっくり座ってお話を伺うなど、内容によっていろいろな方法があります。大事なことはカメラが無いかのように相手に感じさせること。目の前にカメラのレンズを突きつけられると、普通の人は緊張してしまうもの。その点、スマホは小さいですし、相手もあまり緊張しないはずです。そして大事なことは、相手に何を聞くのか? そして相手の話をじっくり聞くということです。これはMEMOROの取材でも同じです。スマホ用のマイクをつけるとインタビューがさらにクリアな音で録音できます。


■今月のおすすめ動画

今月は古賀俊江さんの動画をご紹介します。古賀さんには小さい頃に見て、今でも心に焼き付いている光景があるそうです。古賀さんは幼い頃、近所の印刷屋さんによく遊びに行っていました。そこに盲学校の女学生さんがよく立ち寄っては、印刷所のおばさんとお喋りして帰る光景がありました。白杖を持っていたか、いなかったか…。古賀さんが覚えているのは周りの大人たちが自然に、ごく普通に接していたということでした。

日常に他者の目を (10)
語り手:古賀 俊江様(1931(昭和6)年生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年8月号

2017年8月15日

ニュースレター第94号 2017年8月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【MEMOROの投稿動画】72年目の終戦記念日を迎えて

60歳以上の方々の記憶を集め、インターネットで公開しているのがMEMORO「記憶の銀行」です。語っていただく方のお話のテーマにはさまざまなものがありますが、その中で未来に遺していく貴重なテーマのひとつが「戦争体験」です。

MEMOROに掲載されている動画の中には、戦争について語っていただいているものが多くあります。8月15日は終戦記念日。

みなさんの周りにも戦争を体験された方がいらっしゃらないでしょうか? その当時の人々の暮らしや思いを聞いてみるのも貴重な体験になります。皆さまからの動画の投稿をお待ちしています。


【スマホ撮影テクニック】⑤カメラワーク(一方通行の法則)

MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。

第5回目は「カメラワーク」です。第1回目のスマホの構え方で、カメラは動かさずに撮影するのが安定するというお話をしましたが、写真と違って動画撮影はカメラを動かしての撮影が必要になります。それがカメラワークです。

カメラワークには、カメラを横に動かす「パン」、カメラを縦に動かす「ティルト」、広い画面から寄っていく「ズームイン」、その逆の「ズームアウト」などがあります。映像作品はこれらが組み合わさって構成されています。カメラワークの大事なポイントは「いずれも一方通行」ということです。つまり、左から右へパンしたらそのまま、下から上へパンしたらそのまま、ズームインしたらそのまま、というふうに行ったり来たりしないようにすることです。初心者はとかくこの法則を守らず、行ったり来たりしてしまいがちです。しかしこれでは落ち着かない画面になります。カメラは双眼鏡とは違うのです。


■今月のおすすめ動画

今月は、以前にもご紹介した戦争孤児の会代表・金田茉莉さんの動画をご紹介します。東京大空襲で行方のわからなくなった家族が心配で毎朝神社で拝んでいた小学生の金田さん。その金田さんに宮司の奥様が優しい言葉をかけてくれました。しかし、知らされたのは姉と母の死。終戦の昭和20年は金田さんのその後の苦難が始まった年でした。忘れてはならない、戦争の記憶を話していただきました。

母の死
語り手:金田 茉莉様(1935(昭和10)年 4月14日生まれ)

*先月7月号のニュースレターの配信が遅れました。みなさまにお詫び申し上げます。


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年7月号

2017年7月15日

ニュースレター第93号 2017年7月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】月島プロジェクト上映会

1 2 5月から始まっている中央区の「R65月島カフェ」。

MEMORO「記憶の銀行」では、「月島プロジェクト」で取材させていただいた語り手の方のお話を順次上映しています。中央区にお住まいの地元の方が参加している「R65月島カフェ」では、今まで知らなかった月島の話をはじめ、どのような戦争体験をしているのか、お知り合いの方が語り手となっていることもあって、参加者が興味を持ってお話に聞き入っていました。今後も語り手の取材を順次進めていく予定です。


【スマホ撮影テクニック】④ショットサイズ

3 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。

第4回目は「ショットサイズ」です。「ショットサイズ」には全体の様子がわかる広い映像のロングショットから、顔の表情までもがよくわかるアップショットまでがあります。こうしたショットサイズに変化をつけて撮影していくと、ずっと同じ場所から同じサイズで撮影するよりも、映像に変化が出てぐっとプロっぽくなります。

わかりやすい映像にするコツは、例えば、最初はロングショットで全体の様子を撮影し、次第に近くに寄りアップショットにしていく(添付写真参照)。そうすると全体の状況から徐々にもっと近くで見てみたいという、視聴者の期待に応えられる映像となるのです。


■今月のおすすめ動画

夏の訪れとともに、各地で開催される夏祭り。今月は、「MEMORO神楽坂プロジェクト」から坂本二朗さんの動画をご紹介します。今では名物行事となった神楽坂の阿波踊り大会ですが、第一回の神楽坂阿波踊りは、坂本さんが青年時代に若い人を呼び込もうと街おこしを呼びかけて開催したそうです。田中角栄さんも登場する名物行事の誕生秘話!

街おこしと阿波踊り
語り手:坂本 二朗様(1932(昭和7)年 6月2日生まれ)
*坂本様は取材の後、昨年亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年6月号

2017年6月15日

ニュースレター第92号 2017年6月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】大磯プロジェクト開始!

神奈川県の南部に位置する町「大磯」。明治中期から昭和初期にかけて、避暑・避寒地として知られており、現在は企業の保養所や研修所として利用されているところも多くあります。

この大磯で暮らしてきた方の記憶を取材する「大磯プロジェクト」が始まりました。昭和の時代・漁師町として発展してきた大磯の町の記憶をこれからつないでいきます。


【新連載!スマホ撮影テクニック】③カメラアングル

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。

 第3回目は「カメラアングル」です。同じ映像でも、カメラアングルによって印象は全く異なります。「カメラアングル」には、【ハイアングル】【アイレベル】【ローアングル】の3つがあり、草花などを撮影するときには【超ローアングル】といった、地面すれすれにカメラを構える場合もあります。通常は目の高さとなる【アイレベル】が基本となります。

 人物を撮影するときも、「カメラアングル」によって、印象は変わります。【ハイアングル】は弱々しく寂しい印象、【アイレベル】は自然で公正な印象、【ローアングル】は人物が尊大な印象になります。こうした印象の違いは、テレビドラマにも多く使われています。


■今月のおすすめ動画

今月は始まったばかりの「大磯プロジェクト」から内田もと子さんの動画をご紹介します。漁師の家に生まれ育った内田さん、今と較べて当時は子どももよく働いたと言います。朝早くから眠い目をこすりながら浜に出てきょうだいみんなで家の仕事を手伝ったことなど、子どもの頃の思い出をいきいきと語ってくださいました。

漁師の家に育って①
語り手:内田 もと子様(1932(昭和7)年 6月2日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


NEWSLETTER 2017年5月号

2017年5月15日

ニュースレター第91号 2017年5月15日発行


みなさま、こんにちは。MEMORO「記憶の銀行」です。

【活動報告】「R65月島カフェ」に参加

 先月のニュースレターでお知らせした、一人暮らしや閉じこもりがちな高齢者が身近な地域で交流ができる、中央区・天空新聞のサロン活動「R65月島カフェ」がスタート。連休明けの5月8日(月)に第一回が開催され、MEMOROも参加しました。月島プロジェクトで語り手となっていただいた藤倉和男さんによる「西仲通りの昔」のコーナーでは、MEMOROの映像を上映。巧みな藤倉さんのお話に、参加された方も興味深く聞きいっていました。MEMOROでは定期的に「R65月島カフェ」に参加。月島の昔の思い出をお話ししてくださる方を取材していく予定です。


【新連載!スマホ撮影テクニック】②三脚を利用する

 MEMORO代表理事の長島による、「撮影ワンポイントアドバイス」。第2回目は「三脚を利用する」です。先月号では、安定した画面を撮影するための構え方についてお話ししましたが、MEMOROの取材のようにインタビューを撮影するときにはスマホ用の三脚を利用すると良いでしょう。三脚を利用すれば、手ぶれの心配はありません。カメラのことは気にせずに、あとはインタビューに集中できます。もちろん、インタビュー以外でも、旅行や子どもの行事などでも利用できます。

 現在ではスマホ用三脚(写真)の種類は多くあります。脚がマグネット式で自由に曲がるものもあり、どこかにくくりつけられるものもあります。価格は1500円程度のものから、プロ用の1万円を越すものもありますが、最初は安価なもので試してみることがお勧めです。


■今月のおすすめ動画

 今月は「R65月島カフェ」でご紹介した、藤倉和男さんの動画をご紹介します。
 昔の月島西仲通り商店街には、レバーフライの屋台やお惣菜屋さん、小間物屋さんなどがズラリと立ち並び大変賑やかだったそうです。藤倉さんの楽しい思い出話を是非お楽しみください。

お店で売っていたもの
語り手:藤倉 和男様(1928(昭和3)年 1月25日生まれ)


【会員募集のお知らせ】

MEMORO日本では「正会員」および「賛助会員」を通じたご支援をお願いしております。
★会員お申込みフォーム ※お申込みの際はこちらからお知らせ下さい。


MEMORO「記憶の銀行」は、60歳以上の方々の記憶を残し未来に伝えていくために生まれた無料オンラインアーカイブです。次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています(2015年8月15日現在)。http://www.memoro.org/jp-jp/progetto.php

MEMORO「記憶の銀行」 http://www.memoro.org/jp-jp/ info.jp@memoro.org

日本における運営組織、特定非営利活動法人MEMORO「記憶の銀行」について


MEMORO HOME


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。